トップ

住宅手当の福利厚生について

住宅手当についての事

中古住宅

企業が出す住宅手当の現状

住宅手当は企業が従業員の家賃や家のローンなどの補助のために出す、福利厚生の手当ての事を言います。実施している企業は全体の4割程度であり、制度を導入している企業は減少傾向になっています。金額は企業によって違いがあり、また雇用形態や扶養家族の有無、賃貸住宅か持家など条件によって支給額が決まります。支給金額は家賃や家のローンなどの全額が出る企業はほとんどありませんが、5万円以上という企業も約1割程あり、平均金額では月々1~2万円程度になっています。就職を考える時には、制度を導入しているかも確認しておきたいポイントです。

福利厚生としての手当

就職をする上で大切なのは給料だけではなく、福利厚生についてもチェックしましょう。例えば、住宅手当がつくこともありますので、経済的に負担を減らすこともできるのです。ある場合とない場合を比較してみても年間にすればかなりの差がついてきますので、応募をする際にはこれらのことも検討してみてください。ただ、どの程度手当がつくかどうかは企業にもよりますから、予め確認しておくことも大切です。中には独身者や既婚者では差が出るケースもありますので、住宅を借りる予定のある方はしっかりと確認してハッピーライフを送りましょう。

↑PAGE TOP